top of page
IMG_E0679.JPG

ふるさとらいふ

“一関市の健康を創り、未来を担う”

ストーリー

ふるさとらいふは、2019年5月20日に一関市山目町にて創業しました。

当初は30坪の24時間営業フィットネスジムとして運営していました。

 

2022年1月8日にふるさとらいふ千厩店が移転し、新たにオープンしました。移転先は山目町から千厩町へと変わり、店舗面積も30坪から85坪に拡大しました。増加したマシンの台数と広がった店舗スペースにより、会員の皆さまにより多彩なトレーニングメニューを提供でき、より楽しみながら健康的な生活をサポートできると考えています。

2024年2月17日にはふるさとらいふ大東店がふるさとらいふ2号店としてオープン予定です。ふるさとらいふ大東店では、より広い年代層の方々にご利用いただけるよう心掛けています。

今後も一関市において、フィットネスの価値を提供し続けるべく、努力を惜しまず精進してまいります。ふるさとらいふをどうぞよろしくお願いいたします。

ふるさとらいふ代表 佐藤大喜

ふるさとらいふ大東店への想い
ふるさとらいふ千厩店の会員さまに「相互利用」の新たな価値提供

「ふるさとらいふ大東店OPEN秘話」

皆さまのおかげさまで、ふるさとらいふ千厩店がある程度軌道に乗せることができました。そこで、ふるさとらいふ2号店の出店を常々考えておりました。旧一関市内に出店することも考えられましたが、ふるさとらいふ千厩店の会員さまの約2割が大東町にお住いの方で、2022年の冬に「1月~3月頃まで雪道で通えない」という会員さまが多くいらっしゃったので、その課題を解決すべく大東町に出店することとなりました。

 

2023年の8月9日にInstagramで「ふるさとらいふ大東店をオープンしたい!」と発信し、物件の情報提供を求めたところ、その日にさっそく会員さまから空き物件情報のご連絡をいただきまして、いろいろと時間はかかってしまいしたが、ようやく2月17日にOPENできます!フィットネスジムを通して大東の皆さまに貢献していきます。

より幅広い年代の方に利用していただきたい

ふるさとらいふ千厩店の課題として、「50代以降の方の会員さまの割合が少ない」ことが挙げられました。「より幅広い年代の方にご利用していただきたい」という想いから、ふるさとらいふ大東店のOPEN前の集客として、「新聞折込チラシ」を採用しました。新聞折込を利用することで、50代から70代の層の会員さまを増やせると考えております。

2024年1月28日時点

【年代別割合】

​現時点では、50代の方の入会が最も多いです!

20代 0%

30代 21.5%

40代 7%

50代 50%

60代 21.5%

70代 0%

bottom of page